自律神経が崩れると睡眠の質も崩れる


寝起きが悪い人は、

自律神経のリズムが乱れている可能性があります。

仕事や家庭で強いストレスを受け続けると、

交感神経が過剰に働くため睡眠がうまくとれなくなり、



疲労をため込みながら新たにストレスを抱えてしまう、

という悪循環に陥ります。

さらに長期にわたると不眠症やパニック障害を

併発する可能性もあるため、

疲れているときほど休息にあてる時間を確保することが、

重要になってきます。

特に女性は月経の周期に合わせて、

ホルモンバランスが変わるため、

自律神経に与える影響が強くなります。