更年期障害の自己チェック法


家庭での対策法って?

更年期障害は40代の半ば頃から始まる女性が多いです。

更年期障害の自己チェック法には、

以前と比べるとイライラしやすくなったり、



憂鬱な気分になってふさぎ込んでしまう事が増える、

といった精神的な症状が現れます。

これはうつ病などの心の病気ではなく、

更年期障害の代表的な症状のひとつです。

家庭でできる対策としては、

ホルモンバランスを整えるために、

ビタミンEの摂取を増やすことなどがあります。

ビタミンEは、ウニやイクラ、明太子など、

魚の卵に豊富に含まれています。

ビタミンEのサプリメントの摂取も症状の緩和に効果的です。