頭痛の原因が肩こりだったなんて!


頭痛は風邪やインフルエンザなどウイルスが外部から感染した際に限らず、

日常生活の様々な要素を受けて生じる可能性があり、

多くの場合は根本的な部分を改善しないと悪循環へ陥ります。



まず、偏頭痛と呼ばれる頭部の痛みは気圧や天候・体質の影響が大きく、

血管が拡張する仕組みによって生じるため、

患部を冷やしたり安静にする対策が効果的といえます。

一方で頭部の筋肉が緊張を起こすことで生じる緊張型頭痛は

発症のメカニズムが異なっており、血行不良や筋肉の硬直状態が

長時間続いた結果として引き起こされます。

また、肩こりは頭部への血行不良を悪化させる原因の1つであり、

緊張型頭痛と関連性が高いことから早急に対処すべき症状です。

肩こりを放置すると症状の悪化と共に、首周りや顎の筋肉へ影響を及ぼすほか、

頭部への血液運搬量が減少し、

目の疲れと慢性的な頭痛及び脳貧血へ繋がる例も少なくはないため、

肩こりを優先的に解消させる選択が求められてきます。